心の不調を根本解決|東京でヒプノセラピーを受けよう

病院

様々な環境での睡眠障害

横になる女性

診断で原因を探り治療する

日本の成人の約20%の人が睡眠障害と言われ、多くの人がなかなか寝付けなかったり、日中に眠気を自覚したりしています。日中にだるさを感じたり、集中力が低下したりして、日常生活に支障が出るほか、時には交通事故につながるなどの問題が起こることもあります。睡眠障害は様々な環境が原因になって起こることがあります。例えば、転職や進学、転校などで、環境が大きく変化した時や、家族や親族、親しい友人の死、失恋や対人関係のトラブルなど、大きなストレスも睡眠障害と大きく関わっていることがあります。他にも現代人を取り巻く環境も原因になっているといわれます。職場で交代勤務をしたり、昼夜逆転など不規則な生活を送ったりすることで睡眠障害が起こることがあります。家庭でも家族の看病や介護、育児などによって眠れなくなってしまうことがあります。また、職場や学校、家庭生活で悩み、将来への不安もストレスとなり、睡眠障害の原因になることがあります。ストレスや環境の変化などの心理的な要因、交代勤務や昼夜逆転などの生理学的な要因の他にも、不安障害や抑うつなど精神医学的な要因や病気など身体的な要因も睡眠障害の要因になります。また、薬やアルコール、カフェインの大量摂取が要因になっている場合もあります。日常生活や社会生活に大きな影響を及ぼしたり、交通事故など命に関わる事態を避けるためにも、病院などで診断を受けて原因を追究することが大切です。改善できる点を探し、睡眠障害の治療を目指すことが大切です。